クリエイター仲座 知弥

仲座 知弥

SCHEDULE1日のスケジュール

  1. 11:00

    出社

  2. 11:15

    アニメーション作業

  3. 13:00

    昼食

  4. 14:00

    アニメーション作業

  5. 14:50

    レンダリング作業 コンテ打ち合わせまでの間に他プロジェクトのレンダリングを済ませておきます。

  6. 15:00

    コンテ打ち合わせ 今後のプロジェクトにおいて、カットの内容や見せ方などの擦り合わせをします。

  7. 17:00

    レンダリングチェック、アニメーション作業

  8. 18:00

    アニメーションチェック 上司に完成したアニメーションを確認していただき、より良くするためのアドバイスをいただいたり、作品の良し悪しを見てもらったりしています。

  9. 18:30

    修正内容を元にアニメーション修正作業 アニメーションチェックで頂いた修正内容を元に作品を詰めていきます。

  10. 20:00

    退勤

WORK仕事

自分の作品が全く良く感じられなくなることも…

入社当初から3Dアニメーター として「Maya」を使用して3Dモデルにアニメーションを付けていく仕事をしています。仕事で大変だと思うことは、自分が作っている作品が全く良く感じられなくなってしまうことです。コレだ!と思って作り始めたのに、だんだん何かが違う、本当にこれで良かったのだろうか、と迷う時があり、そんな時は制作の途中でも上司や先輩方に意見を伺います。自分だけでは気付けなかった更に作品を良くするための方法が見つかるので、客観視出来る方に見てもらうことは仕事をする上で大切だと思います。多くの方と関わりながらの作品制作は大変ですが、それだけに完成した時の喜びや自分の納得のいく作品を作り上げた時の感動は素晴らしく、また、その感動を皆で共有できる所がクリエイターの仕事の良い所だと思っています。

EPISODEエピソード

3Dソフト未経験での入社

3Dのソフトに触れたこともない状態での入社だったので、未経験の自分に仕事ができるのか凄く不安でしたが、わからないことがあって質問をすると、その場で画面を見たり、仕組みを教えてくれたり、上司から直接「Maya」の使い方やタメツメ等のアニメーション基礎知識を教えて頂けたことで、少しずつ経験を積めたことが良かったと感じています。今では、携わったプロジェクトでどうしてもアクションシーンを増やしたいと思い、上司に相談の上でコンテを描いて監督に提案した結果、採用していただき、演出としてクレジットに記載して頂くまで成長できました。その時は今まで頑張ってきて良かったと思いました。